女性とのトークが苦手な男子におすすめのトレーニング方法

はじめましての方へ → うっちーのプロフィールはこちら

ども、ネットナンパ師うっちーです。

ネットナンパは気軽に始められる反面、競争率が高いのでアポに繋げられる人はごく一部。
アポが取れない人は延々アポが取れないので、ネット上で延々と撃沈。
結果、アポを取れないイライラからネットナンパでひとりの女性をしつこく追いかけ回して嫌われるっていう悪循環にハマります。

当然、アポを取れなければ、リアルでの女性に対するコミュニケーション能力が上がることはありません。
ここが一番怖いところなんですよね。
15年前、俺がネットナンパにハマるキッカケになったナンネットは、今ではコミュ障男子とリアルで相手にされない女性達の巣窟って感じです。

ナンネットには四六時中、アダルト掲示板や2ショットチャットに張り付いてるコミュ障男子がいます。
莫大な時間と労力をかけても、ネカマや釣りにからかわれるだけで、まともな女性とアポれることなんてないと思います。
それでもナンネットに住み着くコミュ障男子たちは0.000…いくつみたいなわずかな可能性にかけて、今日もアダルト掲示板や2ショットチャットに張り付いています。

そんな悲惨なネットナンパライフに陥らないためには、リアルのコミュニケーション能力を地道に上げていく必要があります。
女性とのトークが苦手なコミュ障男子にぜひ実践して欲しいトレーニングがあります。

普段の会話をICレコーダーで録音する

自分のことは自分が一番わかっている。
それって本当でしょうか?

例えば、あなたは自分の口癖ってわかりますか?
たぶん、この質問に答えられる人は少ないと思います。
きっと、あなたの同僚や友人の方があなたの口癖を知っていると思います。

スポーツでもそうです。
当たり前ですけど、自分のゴルフのスイングって自分では見られませんよね。
だから、「ヘッドアップしているよ」「立ち位置がボールから離れ過ぎているよ」
こういうアドバイスをレッスンプロにしてもらいます。
でも最近は、自分のデジカメやスマホで自分のスイングを動画撮影するということができるようになりました。

要領はゴルフの話と同じです。
自分では気付けないような話し方の癖を他人からアドバイスしてもらうのは大変なので、自分で録音して後で聞き返してみてください。
俺は実際にデート中の音声を録音して、後で聞き直すというトレーニングを1年くらいやりました。

最初は自分の声にびっくりするところからです笑
俺ってこんな声なんだ〜って違和感を覚えます。
しばらく音声を聞いていると、話し始める時に「あのぉ」って言う癖があることに気づきました。
完全に無意識だったので、かなり驚きました。

このトレーニングを他の男子にやってもらったら、こんな気づきがあったそうです。
「俺は、女の子と5:5の割合で話してるつもりだったけど、実際に音声を聞いてみたら、8:2くらいの割合で自分が話してしまっていた。」
自分の記憶では5:5なのに実際は8:2ってえらい誤差ですよね。
いかに人間の記憶があやふやで、自分の都合の良いように書き換えられているかがよくわかります。

このボールペン型ICレコーダーは、値段も手頃ですし、居酒屋でもかなりクリアに音声を録音できるのでおすすめです。

同じネタを繰り返し話す(練習をする)

俺はネットナンパした女性と初アポの時に話す内容が毎回ほぼ同じです。
もちろん、相手の女性が話すことは毎回違いますけど、初対面の女性が男に質問してくる内容ってほとんど一緒なんですよね。

・家族構成
・仕事内容
・交友関係
・趣味
・休みの日の過ごし方
・元カノとなぜ別れたか?
・結婚願望について

だいたいこんな感じですよね。
毎回同じような質問をされてるんだから、答えを準備しておけばいいんです。
他の記事でも言ってる通り「準備8割、本番2割」の精神です。

・母の天然エピソード
・典型的なB型男の親友とのエピソード
・関東イチのA型と豪語する男の細かすぎるエピソード
・元同僚の女の子の超天然エピソード
・元カノと体の相性が原因で別れたエピソード

他にもありますけど、俺がほぼ毎回話しているネタリストの一部です。
ほぼ毎回同じネタを話すので、自然とネタが磨かれていきます。

まとめ

トークに苦手意識があると、ネットでも女性とのコミュニケーションが円滑にいかなくなります。
ぜひ今回紹介したトレーニング方法を実践してトーク術を磨いていきましょう。

うっちーのおすすめ
ブログランキングに参加してます!
↓ぽちっと応援タップしてもらえるとモチベ上がりますm(_ _)m↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.