【ネットナンパの基本8】pairs(ペアーズ )、Omiai(オミアイ)等の婚活女子にも使えるセフレ化する方法

はじめましての方へ → うっちーのプロフィールはこちら

ども、ネットナンパ師うっちーです。

ネットナンパの基本の第8弾です。

過去の記事はこちら。

ネットナンパの基本シリーズ

今回は、ネットナンパでゲットした女性をセフレ化する方法です。

本気の恋愛、結婚はめんどくさいという男性は多いと思います。
でも、セフレくらいの関係の女性を作るのって難しいですよね。
まじめで優しい男性ほど、セフレを作るのは難しいと思います。

今回は俺の実体験を交えながら、ネットナンパでゲットした女性をセフレ化する方法についてお伝えします。

女性が傷つくことを恐れすぎていないか?

10年くらい前までの俺は、女性が傷つくことを恐れていて、ネットナンパでゲットした女性をリリースする時、フェードアウトという選択肢しかありませんでした。
今思うと、女性が傷つくことを恐れていたというより、自分が女性に責められたり、詰められることを恐れていたし、めんどくさがっていたんだと思います。

でも、10年前くらいにある女性を振ったことがキッカケになって、ネットナンパでゲットした女性(以下ミホ)をセフレ化するテンプレートが俺の中で完成しました。
ミホは、俺が20代半ばの頃にできた人生初のセフレでした。

人生で初めてできたセフレ“ミホ”との出会い

俺の人生初のセフレ、ミホとはナンネットの掲示板で知り合いました。
顔はたいして可愛くなかったですが、胸がFカップあって、中出しが大好きすぎてピルを飲んでいるというド変態でした。
しかも彼氏持ちだったので、後腐れなく遊べると思って、ミホの掲示板の書き込みを読んですぐにメールでアプローチしました。

たしかミホはモンハンが好きで、モンハン好きの人とお話したいという内容の書き込みだったと思います。
正直、俺はモンハンに全く興味がなかったのですが、モンハン好きのフリをしてミホにメールしました笑

初アポは新宿の居酒屋で軽く食事をしてからホテルへ行き、中出しセックスを楽しみました。
2回目以降は、待ち合わせ場所で会ってからコンビニへ行き、そのままホテルへ行くというルーティーンに変わりました。
ミホはあまり人と話すことが得意ではなかったので、いきなりホテルでセックスするという流れの方が良かったみたいです。

セフレだったミホから突然の告白

ミホの会話のほとんどが仕事の愚痴か彼氏の愚痴です。
同棲中の彼氏は、居酒屋で夜中まで働いているためミホとは時間が合わず、セックスレスだったみたいです。
そんなミホとのセフレ関係が半年ほど続いたある日のセックスの後、ミホから付き合いたいと言われました。

ミホが付き合いたいと思っているなんて予想していなかった俺は「え…?」と固まっていたと思います。
その時の俺の頭の中は、どうやって断ろうかということでいっぱいでした。
ミホは俺の表情から気持ちを察したのか「やっぱりダメだよね…」と折れたので「ごめん」とだけ返しました。

当然、ホテルの部屋の中には気まずい空気が流れて、そのまま解散したので、もうミホとはこれで終わりかな〜と諦めていました。
案の定、その日のおやすみメールから1週間ほど返信がなく、俺もあえてミホにメールはしませんでした。

ミホを完全にセフレ化した流れ

ミホとのメールが途絶えてから2週間になろうとした頃、ミホから会いたいとメールが来ました。
多少の気まずさはありましたが、これまで通り、コンビニへ行ってホテルへ行き、いつものように中出しセックスをしました。

セックスの後「付き合えなくてもいいからこのままセフレを続けて欲しい」とミホから打診があり、罪悪感MAXでしたがOKをし、完全セフレ化することに成功しました。
結局、それから2年くらいセフレを続け、円満に別れることになりました。

俺がミホをセフレ化する中で学んだことは、女性を惚れさせてから振ることでセフレ化することは可能だということです。
ミホのケースは、最初からセフレという恵まれた状況でしたが、ネットナンパでゼロからスタートする場合も基本的な考え方は同じです。

手順としては


STEP1.女性を自分に惚れさせる
まずはネットナンパで知り合った女性を自分に惚れさせます。
何回かアポを重ね、「この人のこと好きかも」「付き合いたい」と思わせたら勝ちです。

できるだけ自分に対する想いを強くさせることが成功率をアップするポイントです。
エッチまで到達できていれば、さらに良いです。

STEP2.女性を振る
女性を十分に惹きつけたら、女性を振ります。
「好きな人ができた」「遊びならいいけど彼女としては違うと感じた」
俺が女性を振る時に使う理由はこんな感じです。

基本的にはLINEのメッセージで伝えます。
女性によって反応は割れますが、

・「わかった」と素直に納得する
・「もう一度会って話がしたい」と返信がくる、 LINE通話(電話)がかかってくる
・ キレられる、暴言吐かれる
・ 死にたい的なメンヘラ発言

だいたいこの4パターンです。

「わかった」と素直に納得した場合は、2週間〜1ヶ月ほど放置します。
「もう一度会って話がしたい」と返信がきた場合は、会う約束をします。
LINE通話や電話がかかってきた場合は出て、話をします。

会うにしても、電話をするにしても、STEP1で伝えた理由について説明し、振る方向性で話を進めます。
もし女性側から「友達としては関係を続けたい」と言われた場合は、迷わずOKします。

キレられる、暴言吐かれる、死にたい的なメンヘラ発言の場合は、セフレ化をあきらめて即切ります。

STEP3.女性からの連絡を待つor2週間〜1ヶ月後に連絡する
「わかった」と素直に納得した場合のパターンとしては、基本的には女性側から連絡が来るのを待ちます。
「やっぱり寂しい」とか「友達に戻るのはOK?」的な内容が来れば、セフレ化できる可能性があります。

もし、連絡がなかった場合は、2週間〜1ヶ月後にこちらから連絡します。
「元気?」とか「おもしろい●●を見つけた」とか、軽い内容でOKです。
もしラリーが続くようであれば「これからも友達として仲良くして欲しい」的なことを伝えましょう。

“友達として”と関係性をはっきりさせるフレーズを入れることが重要です。
ここでふわっとしたまま終わると、期待だけ持たされる曖昧な関係は嫌だと思われて、次から返信が来なくなる可能性があるためです。

STEP4.友達関係からのセフレ化
一度自分に惚れさせてから振り、また友達関係に戻った状態。
ここからセフレ化の最終段階です。

2人で食事に行った時などに良い雰囲気になったら「抱きたい」「セックスしたい」とストレートに伝えましょう。
ここはかなり勇気が入りますが、ここさえ乗り越えればセフレ化に成功したも同然です。

ここで「喜んで」と言う女性はほぼいないので、多少強引なくらいがちょうど良いです。
少なくとも相手側の女性は自分に好意を寄せた相手なので、頑なに拒否される可能性は少ないです。

よくあるのは「付き合ってくれるならいいよ」と、条件付きでOKするパターンです。
ここで折れては意味がないので「それはムリw」と、できるだけ軽薄に軽いノリで答えましょう。

もし、断られたとしても、冗談としてごまかして次のチャンスを伺ってもいいですし、スッパリあきらめてもいいと思います。


これが今の俺が使っているセフレ化のパターンです。
pairs(ペアーズ )omiai(オミアイ)は婚活目的の女性が多いので、ネットナンパでは使わない方が良いというアドバイスをよく見かけます。

ただ、俺が使っているセフレ化のパターンは、pairs(ペアーズ )omiai(オミアイ)に登録している女性にも通用しています。
pairs(ペアーズ )omiai(オミアイ)に登録しているからといって、全員が全員、結婚しか見えてない女性ではありません。

“良い人がいれば結婚したい”というくらいのモチベーションで婚活している女性も多いです。
あえて結婚願望の強い女性を狙うことはありませんが、結婚願望が強い女性こそ俺のセフレ化パターンにはハマりやすいと思います。

まとめ

今回は、女性をセフレ化する方法についてお伝えしました。
最初からセフレ化するのではなくて、最初は女性を惚れさせることに集中することが重要です。

極端な話、女性を自分に惚れさせてさえしまえば、あとは自分の思い通りに展開をコントロールできます。
あとは確率の問題なので、まずは今回紹介したステップを参考にセフレ化する流れを自分のものにしてみてください。

うっちーのおすすめ
ブログランキングに参加してます!
↓ぽちっと応援タップしてもらえるとモチベ上がりますm(_ _)m↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.