あなたが出会えない理由は?出会い系で出会えない男子のためのフローチャート

はじめましての方へ → うっちーのプロフィールはこちら

ども、ネットナンパ師うっちーです。

最近はネットナンパしつつ、リアルで知り合った出会い系初心者の男子にアドバイスなんかもしてます。
これまで50人くらいの男子の相談に乗ってきた結果、ネットナンパで出会える男子と出会えない男子の違いがわかってきました。
そこで、今回はネットナンパがうまくいかなくて悩んでる男子のためにつくったフローチャートを公開します。

このフローチャートをやってみると、自分の弱点が浮き彫りになるし、課題がはっきりすると思います。
まだまだベータ版って感じだけど、そこそこ役に立つと思うので、ぜひやってみてください。

©️うっちーのネットナンパ師専用フローチャット


※フローチャートをタップすると拡大できます。

これまでアドバイスしてきた男子がつまづくポイントを分岐点にしてつくったフローチャートです。
あなたは何ランクのネットナンパ師でしたか?
ちなみにランクの色分けは大好きなパワプロの能力値の色分けを参考にしました笑

ランクごとの課題と対策をまとめてみたので、ぜひご覧ください。

Sランクのネットナンパ師さんはこちら

Aランクのネットナンパ師さんはこちら

Bランクのネットナンパ師さんはこちら

Cランクのネットナンパ師さんはこちら

Dランクのネットナンパ師さんはこちら

Eランクのネットナンパ師さんはこちら

Fランクのネットナンパ師さんはこちら

Sランクのネットナンパ師へのアドバイス

ネットナンパした女性とエッチまでイケるなら、俺からは何も言うことはありません笑
あとは、マッチング率や返信率を上げていくためのPDCAサイクルを回していくだけですね。

Aランクのネットナンパ師へのアドバイス

ネットナンパした女性と2回以上はデートできるけど、エッチまではイケないという非常に惜しい状態ですね。
デートはできるのにエッチまでイケないっていうのは、エロい雰囲気に持っていく引き出しが少ないっていうのが大きいんだと思います。

「下ネタに持っていくのが苦手」っていう相談をよく受けるんですけど、たいていこう言う人って爽やか系とかまじめ系のキャラなんですよね。
下ネタ言って引かれたらどうしようとか、キモいって思われて場の雰囲気を壊したくないって尻込みする気持ちはよくわかります。

俺のおすすめは、どんな相手に対しても自然な流れで下ネタに引き込める鉄板ネタをあらかじめ仕込んでおくことです。
ビジネスでもよく言われる「準備8割、本番2割」はネットナンパでも同じことです。

例えば、出会い系で出会った相手からよく聞かれるのが、「前の彼女とどうして別れたの?」です。
聞かれた時の俺の回答はこうです。

「理由はひとつじゃないけど、結婚を考えた時に合わないところが結構あったんだよね。例えば、インテリアの趣味とか。俺はわりとシンプルなインテリアが好きなんだけど、元カノはお姫様みたいなのが好きで…。猫足のテーブルとかソファーとか。あと、家のベッドが天蓋付きだったんだよね、お姫様みたいな笑。
あ、あと、体の相性がね…合わなかったんだよね。体の相性が大事ってよく聞くけど、体の相性が悪いって思ったのって元カノが初めてだったからさ、最初は俺が悪いんかなと思って笑。体調が悪いのかなとかいろいろ考えたんだけど、何ヶ月かしてやっぱりこれは元カノとの体の相性が悪いんだなって。」

ポイントは、まじめさとユーモアのバランスです。

「結婚を考えた時に」でまじめに付き合ってたアピール、先に生活面での趣味が合わない話をしつつ、後から体の相性の話を重くない程度にまじめに話すのがコツです。
この回答で下ネタに誘導してるなんて思われることはまずないですし、体の相性っていうのは、女性にとっても興味のある話題なので食いつきもいいです。

「たしかに結婚考えたら、体の相性が悪いのはきついよね〜。なんで体の相性が悪いって思ったの?」こんな感じの反応が返ってくることがほとんどです。ここでたいした食いつきもなく「ふーん」くらいの反応だったら脈なしです笑
サクッと切り替えて、次の女性に時間と労力を割きましょう。「そうなんだよね〜。エッチしてもイケなくてさ…。」と、話を続けていくうちに自然な流れで下ネタに持ち込むことができます。

もうひとつ、これも誰にでも使えるおすすめのネタです。
「知ってる?乾杯ドリンクで●●を頼む女性ってエロいんだって笑」
もちろん、●●は、女性が飲んでるドリンクです。
生ビールだろうが、カクテルだろうが、サワーだろうがOKです。

注意点として、ユーモアを交えて女性をいじるフレーズは言い慣れてないと不自然になったり、女性に不快感を与えてしまったりします。
うまくいかない場合は、何度か実践してみて言い慣れることからスタートしましょう。

あと、これは理屈ではなく女性の本能にアプローチする方法ですが、手や爪を常に綺麗に手入れしておくことも重要です。
本能的に女性は男性の手を見て、優秀な遺伝子を残せるかどうかを判断すると言われています。

指がガサガサに荒れていたり、爪が清潔でなかったりすると、恋愛対象外と見なされてしまうかもしれません。
俺は「手だけは綺麗って言われるんだよね」と、むしろ手の綺麗さをアピールしています笑
当然、爪も短く切りそろえていますし、保湿にも気を遣っています。
顔や髪型だけでなく、手や爪の手入れにも気をつけてみてください。

Bランクのネットナンパ師へのアドバイス

1回目のデート後、女性と音信不通になってしまう男子が結構います。

ネットナンパで出会う女性って、ライバルがたくさんいるわけです。
なので、よっぽどひどいことをしない限り、いちいち2回目のデートをしない理由を言ってくれることはまずありません。
ブロック、または既読スルーされて終了です。

で、結構多いのが音信不通の女性を追いかける男子。
はっきり言って、1回目のデートが終了してから音信不通になった女性を追いかけるメリットは何もありません。
返信を催促したり、女性を責めたりしても、さらに嫌われるだけです。
むしろ、他の女性を探しつつ放置しておいて、1ヶ月くらいしてからザオラルLINEをする方がよっぽどマシです。

なぜ2回目のデートに繋がらないのか?理由は大きく3つあると思います。

1.写真と実際のルックスがイメージと違いすぎた
2.他の男性と比べられた結果、選ばれなかった
3.話が全然盛り上がらなかった

1と2の理由だった場合は、あきらめて次にいった方がいいと思います。

ネットナンパでは、第一印象で悪いイメージを持たれてしまうと、挽回するのがかなり厳しいです。
ネット上でのメッセージからやりとりがスタートするので、どうしても相手のハードルが上がりやすいです。
原作が小説の映画を観るとガッカリすることあるじゃないですか?あれと一緒だと思います。

なので、俺は清潔感と爽やかな印象を与えるような髪型と服装を常に心がけています。
夏だからって、ヒザが見えるようなショートパンツは絶対に履きません。
男の脚の毛が気持ち悪いっていう女性は結構多いので要注意です。

最近は除毛クリームでワキ毛、胸毛、脚の毛、あそこの毛を処理してます。
女性から引かれたことはないですし、むしろ好評なのでムダ毛処理はおすすめです。
俺は結構敏感肌でいろんな除毛クリームを試したんですけど、↓の除毛クリームは肌荒れもなく綺麗にムダ毛処理できたので、おすすめです。

「初デートの時の服装はどういう感じがいいですか?」っていう質問をよく受けるのですが、俺は私服でデートする時はセットアップを着ることが多いです。

こんな感じですね。

ネイビーのジャケットとパンツに白のカットソーっていうのは、清潔感があるし爽やかな印象も与えられるので、かなりおすすめです。
この写真だとちょっと胸元が見えすぎかもしれませんが、カットソーはやや深めのUネックとかVネックを選ぶと小顔効果が期待できます。
下手に攻めたコーディネートをするよりも、セットアップやスーツの方がよっぽど女子ウケがいいです。

あとは髪型ですね。
俺は顔に自信がないので、髪型は服装と同じくらい大切だと思っています。
青山のヘアサロンとまではいかないですけど、都内の美容室に通っています。
どんなに顔に自信がなくても、雰囲気イケメンを目指す努力はした方がいいです。

俺はここ数年ハゲてきているので、パーマでボリュームを出してみたり、セットでハゲが目立たないように工夫したりと毎日自分の髪と戦っています。
お仕事の都合でおしゃれな髪型にできない場合もあると思いますが、こういうサイトを参考にしつつ、美容師さんと相談してみるといいと思います。

【男前研究所】スーツに似合うビジネスヘアスタイル特集

ルックス面でのアドバイスはこんなところですね。
1と2の理由で2回目のデートに繋がらないという可能性を少しでも減らせるよう、参考にしてみてください。

ネットナンパした女性と初アポの時に話題になるのが、「今までどんな人と会ったか?」です。
で、女性からのクレームで結構多いのが、3の「話が全然盛り上がらなかった」です。

「おしゃべりが得意じゃないのか、緊張からなのか、全然しゃべらないし、笑わないし、食事中の2時間が本当に地獄だった」みたいな話を何人かの女性から聞いたことがあります。
ルックスは並以上の女性から聞いた話なので、ブスだからやる気無くしたみたいな理由からではないと思います。
仮に好みじゃない女性だったとしても、2時間くらいは我慢して楽しませるのがマナーですよね。

たしかにこれまでアドバイスしてきた約50人の男子の中には、コミュ障っぽい男子もいました。
「何を話したらいいのかわからない」「ネタがない」「緊張でうまく話せない」などなど、いろんな理由があると思います。
ただ、これはもうはっきり言いますけど、ただの怠慢ですね。

俺ももともと超がつく人見知りですし、昔、500人くらいの前で社訓を読むという大役を任された時、緊張しすぎて脚はガクガク震えるわ、噛みまくるわで大笑いされたトラウマがあります。
そんなへたれな俺でも、今は女性から「話してて楽しい」とか「おしゃべりが上手」って言ってもらえるくらいにはなりました。

結局、逃げの選択ばかりしていたら、いつまで経ってもコミュ障はなおりません。
デートの度に何かひとつ課題をもって行く人と、出たとこ勝負で行く人とでは、数年後に大きな差がついています。

コミュニケーションだけは、テンプレート化できないスキルだと思うので、コミュニケーション能力の高い男子と行動を共にしてスキルを盗むとか、デートの時に積極的にチャレンジするっていうことを地道に続けていくしかないです。

1回目のデートまではいけてるわけですから、あともうちょっとです。
Aランク、Sランクを目指してもうひとがんばりしましょう。

Cランクのネットナンパ師へのアドバイス

ネットナンパでLINE交換まではいくのに、デートに繋がらないということは、以下のような理由が考えられます。

1.頼まれたからLINEに移行しただけで、あまり興味を持たれていない
2.LINEに移行したものの、会話のテンポが合わない、つまらない
3.単純に女性の仕事などが忙しくて予定が合わない

1の場合は、時間と労力の無駄なので、さっさと諦めて、他の女性にアプローチすることをおすすめします。

2の場合は、俺からするとLINEに移行するのを焦りすぎて失敗しているパターンです。
俺が出会い系アプリ(サイト)からLINEに移行するまでのメッセージ回数は、平均で10往復くらいです。
短い人で5往復、長い人だと20往復以上、出会い系アプリ(サイト)内でメッセージをやりとりします。

なぜそんなに回数を重ねるの?と思われるかもしれませんが、俺からすると、なんでそんなに焦ってLINEに移行する必要があるのか?逆に疑問です。
LINE交換のタイミングを後ろにすればするほど、がっつき感のない余裕がある男性というイメージを植えつけられます。

すぐにLINEに移行しようとする男性は、がっつき過ぎ、会ってもすぐホテルに連れて行かれそうなど、とにかく悪いイメージを持たれるリスクばかりで、メリットが感じられません。
そもそも出会い系サイトやアプリに登録するような女性の大半は、コミュニケーションにあまり自信がなく、ガツガツくる肉食男子が苦手です。

もし、さっさとLINEに移行できれば、出会い系サイトやアプリに支払うお金が少なくなると思っているなら、大間違いです。
女性の身体をゲットするのが目的なら、たくさんの女性とLINEに移行できたとしても、アポに繋げられなければお金を無駄にしているのと同じことです。

それに女性もわかっていないフリをしているだけで、目先のお金をケチってさっさとLINEに移行しようとしていることなんてお見通しです。
目先のお金すらケチるような男は、デート代もケチりそうだし、私のことを大事にしてくれなそうだからナシ!と思われてしまうのがオチです。

俺が考えるLINEに移行するベストなタイミングは、LINEに移行する理由ができた時です。

・出会い系アプリ(サイト)内でアポを取り付けたので、待ち合わせためにLINE交換する。
・出会い系アプリ(サイト)内で話が盛り上がり、通話することになったので、LINE交換する。

こういうタイミングが、LINE移行→アポへと繋がるベストなタイミングです。
俺は通話はあまり好きじゃないので、出会い系アプリ(サイト)内でアポを取り付けた状態でLINE移行を打診します。
というか、ここまでいけば、女性の方からLINE移行を打診されることさえあります笑

北風と太陽のお話と同じで、女性の服を脱がせたかったら、どんどん温めてあげることです。
そういうアプローチを続けていれば、自然と女性の方から服を脱いでくれます。

出会い系アプリ(サイト)内でアポを取り付ける鉄板の方法はこちら

3の「単純に女性の仕事が忙しくて予定が合わない」の場合、返信の催促は絶対NGです。
恋愛より仕事優先の女性だった場合、かなりウザがられます。
予定が合わないなら、無理に予定を立てようとせずにLINEで何気ない会話を続けている方が無難です。

女性が仕事で疲れてそうだったら、猫とか赤ちゃんみたいな癒し系の写真にひとこと添えて送ってあげるだけでも喜んでくれたりします。
他の女性にアプローチしつつ、2、3日に1回くらいのペースでメンテナンスしておけば、あっという間に1ヶ月くらい経ちますし、それだけLINEが続いていればアポくらい楽に取れます。

出会い系アプリ(サイト)内でアポを取り付ける鉄板の方法はこちら

Dランクのネットナンパ師へのアドバイス

ネットナンパで出会い系アプリ(サイト)からLINEに移行できないということは、以下の理由が考えられます。

1.ライバルとの競争に負けた
2.女性が出会い系アプリ(サイト)を放置気味
3.会うメリットを感じさせられなかった

1と2の場合は、自分ではコントロールできないことなので、深追いせずに次の女性にアプローチしましょう。
返信が数日来ないくらいで催促メッセージを送るのはNGです。
1週間後に返信が来るなんてよくあることですし、1ヶ月後に返信が来たなんてこともあります。

他の男子とやりとりしているときは見向きもされませんが、その男子とうまくいかなかった場合、自分に打席が回って来る可能性もあります。
そのせっかくの可能性を台無しにしてしまうのが催促メッセージです。
女性には、1日に何十通、何百通とメッセージがきているということを忘れてはいけません。

3の「会うメリットを感じさせられなかった」には改善の余地があります。

出会い系アプリ(サイト)でマッチングした、メッセージを1度でもやりとりしたということは、女性があなたに何かしらの興味・関心を抱いたということです。
それなのにLINEに移行できなかったということは、会うメリットを感じさせられなかった、つまり女性の期待を裏切ってしまったということです。

重要なことは「女性が喜んでくれるような何か」をあなたが提供してくれるかもしれないという期待感を抱かせることです。

俺には出会い系アプリ(サイト)内でアポを取り付ける鉄板の方法があります。

それはグルメの話題です。
グルメといっても高級なお店である必要は全くなく、安くても雰囲気が良かったり、料理や接客の質が高いお店を知っていればOKです。
むしろ、コスパの良いお店や穴場のお店を紹介してあげた方が女性は喜びます。

料金が高めなお店に行くのなんて、初回のデートとか記念日とか、ほんとたまにでいいんです。
自分に惚れさせてしまいさえすれば、ファミレスだろうと牛丼屋だろうと、女性は喜んで付いて来ますよ笑
目先のお金をケチる男は嫌われますし、かけるべき時にお金をかける男はモテます。

俺が出会い系アプリ(サイト)でアポを取る流れというのは決まっています。


出会い系アプリ(サイト)でマッチング

あいさつと自己紹介

食べ物の好き嫌いの話題

おすすめのお店の話題

アポ確定

LINE移行


簡単ですけど、本当にこれだけです。

映画、漫画、音楽の話題は、本当に趣味が合わないと盛り上がらないので、俺は避けてます。
過去の経験上、食に興味がないっていう女性はまずいませんし、焼き鳥が好きな女性におすすめの焼き鳥屋さんの話をすれば、行ってみたいとなるのは、ごく自然な流れですよね。

俺はお酒を飲みませんが、おいしいカクテルを出すおしゃれなバーなんていうのもお酒好きの女性には響きそうです。
日頃からデートで使えそうなお店をリサーチしておくと、いざという時に役立ちますよ。

Eランクのネットナンパ師へのアドバイス

ネットナンパで女性とマッチングはできるものの、メールの返信が来ないということは、以下のような理由が考えられます。

1.ライバルとの競争に負けた
2.女性が出会い系アプリ(サイト)を放置気味
3.あなたへの興味・関心が高くない

1と2の場合は、自分ではコントロールできないことなので、深追いせずに次の女性にアプローチしましょう。
返信が数日来ないくらいで催促メッセージを送るのはNGです。
1週間後に返信が来るなんてよくあることですし、1ヶ月後に返信が来たなんてこともあります。

他の男子とやりとりしているときは見向きもされませんが、その男子とうまくいかなかった場合、自分に打席が回って来る可能性もあります。
そのせっかくの可能性を台無しにしてしまうのが催促メッセージです。
女性には、1日に何十通、何百通とメッセージがきているということを忘れてはいけません。

3の「あなたへの興味・関心が高くない」には改善の余地があります。

どの出会い系アプリ(サイト)を使うかにもよりますが、女性の興味・関心を引くための二大要素は「ルックス」と「お金」です。
この第1関門を突破できない限り、女性とアポを取れることは永遠にありません。
俺が出会った女性の中には、年収1000万円以下の男とは会うことすらないという女性がいました。

残酷なようですが、出会い系アプリ(サイト)にも勝ち組と負け組ははっきりと存在しています。
出会い系アプリ(サイト)に払っているお金の何倍も良い思いができている入れ食い状態の男子も入れば、ひとりもゲットできずにお金だけ浪費している男子もいるのが現実です。

単純にアポを増やしたい場合は、プロフィールの写真を盛る、年収を盛るのが一番手っ取り早いです。
写真は光の加減や撮影する場所によって奇跡の1枚が撮れることがありますから、労を惜しまずに何百枚でも撮ってみてください。

ただし、加工アプリで露骨に盛るのは絶対にNGです。
出会い系アプリ(サイト)をやっているとわかると思いますが、自分たちは加工アプリで盛りまくっているくせに、男子が加工アプリで写真を盛るのはNGと主張をする女性が大勢います。
それでも出会い系アプリ(サイト)では圧倒的に女性が売り手市場なので、納得がいかなくても男子が折れるしかありません。

年収を盛ったところで女性には調べようがないので、アポを増やすには有効だと思います。
ただ、嘘はあまりつきたくないでしょうし、罪悪感が出て来ると思うので、おすすめはしません。
特にpairs(ペアーズ )やOmiaiのようにガチで婚活している女性が大半を占める出会い系アプリではやめておいた方がいいでしょう。

年収に自信がない場合は、反対にお金持ちの女性を狙うのもアリだと思います。
pairs(ペアーズ )やOmiaiなどの出会い系アプリでは、女性の職業や年収で絞り込み検索ができるので、お金持ちの女性を簡単に見つけられます。
お金持ちの女性だから同レベル以上の年収を求めているという場合も当然ありますが、それは高望みだと割り切っている女性もいます。

お金なら私が稼げるから、男性には私をサポートしてほしい、癒してほしいという女性を狙ってアプローチをするのは結構おもしろいと思います。
そういう男性に求められるのは、男性としてのプライドを捨てること、つまりはヒモになるってことです。

自分の倍以上稼いでる女性に対して、男性がつまらないプライドを持っていてはうまくいきません。
だからといって卑屈になる必要はありませんが、女性にかわって家事はすべてやるくらいの覚悟がないと厳しいです。
仕事をバリバリできるというよりも、料理、掃除、マッサージが得意というアピールをする方が年収の高い女性は落としやすいと思います。

Eランク以下のネットナンパ師に重要なことは、100人中100人の女性に刺さるプロフィールを目指すよりも、たったひとりの女性に刺さるプロフィールを目指すことです。

Fランクのネットナンパ師へのアドバイス

ネットナンパでそもそもマッチングすらできないということは、以下のような理由が考えられます。

1.そもそも女性が少ない地域に住んでいる
2.プロフィールに写真や自己紹介文がない
3.プロフィール写真や自己紹介に問題がある

1の「そもそも女性が少ない地域に住んでいる」場合、人口の少ない地域に住んでいるのなら引っ越すくらいしか解決策がありません。
行動範囲の中でできるだけ人口の多い地域を選んでプロフィールに設定するというのも手ですね。
2の「プロフィールに写真や自己紹介文がない」場合は、プロフィール写真と自己紹介文をアップする、以上です笑

3の「プロフィール写真や自己紹介に問題がある」場合は、改善の余地があります。

Eランクのネットナンパ師でお伝えしている内容を参考に、プロフィール写真や自己紹介文を改善していきましょう。

Eランクのネットナンパ師へのアドバイスはこちら

まとめ

あなたはどのランクのネットナンパ師さんでしたか?

まずは自分がどの位置にいるのかを認識して、課題を洗い出すことが重要です。
俺があげた問題点や改善策というのはほんの一例ですが、ぜひ参考にしてみてください。

うっちーのおすすめ
ブログランキングに参加してます!
↓ぽちっと応援タップしてもらえるとモチベ上がりますm(_ _)m↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.